今季一番 ★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺 絵画/タペストリ

★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺, ★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺, ★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺, 小林幸三 大正池 SM号 油彩画 キャンバスのみ 作者直筆サイン 真筆 , Amazon.co.jp: 小林幸三『焼岳 受注制作』油彩画 風景画 自然 山岳 , Amazon.co.jp: 小林幸三『焼岳 受注制作』油彩画 風景画 自然 山岳 , Amazon.co.jp: 小林幸三『焼岳 受注制作』油彩画 風景画 自然 山岳
IXXI/ウォールピクチャー 真珠の耳飾りの少女

有名絵画
【商品説明】\r作家名:小林幸三\rタイトル:焼岳(SM号)・シルバー\r技法:油彩画\r\r額サイズ:ヨコ360xタテ290xハバ60(mm)\r絵サイズ:ヨコ215xタテ145(mm)\r\r【補足説明】\r新品 真筆 作者直筆サイン 額付き(樹脂製・表面アクリル・色:シルバー)\r\r【商品解説】\r■作品解説\r上高地梓川からの焼岳が描かれてます。\r大正4年の焼岳の噴火で、梓川が塞き止められて大正池ができたと言われています。\r\r■作者略歴\r小林 幸三(こばやし・こうぞう)\r昭和22年生まれ、兵庫県神戸市出身\r市展出品入賞\r個展数回\rグループ展数回\r外遊2回\r絵画の種類...油彩画・油絵\r形式...額縁入り\r主題...風景・海景
カテゴリー:おもちゃ・ホビー・グッズ>>>美術品>>>絵画/タペストリ
商品の状態:新品、未使用
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:静岡県
発送までの日数:4~7日で発送

★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺
のら様専用ページ
★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺
小澤摩純 PETIT POIS 版画
★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺
掛軸 狩野永叔『松鶴図』絹本 合わせ箱付 掛け軸 a012216
小林幸三 大正池 SM号 油彩画 キャンバスのみ 作者直筆サイン 真筆
掛軸『西国三十三箇所霊場御朱印 観音菩薩』仏画 絹本 共箱付 良好品 掛け軸
Amazon.co.jp: 小林幸三『焼岳 受注制作』油彩画 風景画 自然 山岳
掛軸 北尾全牛『保津峡曳船』絹本 肉筆 共箱付 掛け軸 a07091
Amazon.co.jp: 小林幸三『焼岳 受注制作』油彩画 風景画 自然 山岳
【複製】掛軸 横山大観『無我』絹本 掛け軸 a030417
Amazon.co.jp: 小林幸三『焼岳 受注制作』油彩画 風景画 自然 山岳

今季一番 ★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺 絵画/タペストリ 今季一番 ★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺 絵画/タペストリ
IXXI/ウォールピクチャー 真珠の耳飾りの少女 - by , 2022-10-31
5/ 5stars
配色はとてもきれいでしたが、ドットが剥がれているところがあったり色とびが数ヵ所あり残念でした。
有名絵画 - by , 2022-11-29
5/ 5stars
難しい! そして色が若干ショボイ。 でも楽しめました! また違うのをしてみたいです!
評価数:150万件
評価数:2億7千7百万件

今季一番 ★値下げ★ 小林幸三『焼岳(SM号)』油彩画・油絵 風景画 山岳 川辺 絵画/タペストリ

美品 掛け軸 紅山幸水作 総朝図 共箱 二重箱 夏掛け おもてなし 軽ッチSP

会議終了時点で積み残した課題があれば、議事録に残して次回までの宿題としたい。積み残しの課題は、「アクション(やるべきこと)/イシュー(未解決事 項)/リスク(危険)」の3つに分類される。

アクションは、すでに問題が顕在化していて、対応策や担当者が決まっているものを指す。誰が何をやるのか明確 なので、議事録にも記録として残しやすいはずだ。

一方、議事録から漏れがちなのがイシューである。イシューは問題が発生しているものの、対応策や担当が明らかでない課題をいう。責任を持って対応する人が決まっていないため、議題に上っても流されてしまうことが多い。会議のたびに「そういえば、あれはどうなった?」と同じ話が繰り返されるのも、イシューがそのまま放置されているからだ。

イシューを放置すると、問題が深刻化・複雑化して、手がつけられなくなる恐れがある。何らかの形で イシューであるという 記録を残して、早めにアクションへと落とし込むべきだ。

リスクは、問題が発生する可能性はあるものの、いまだ顕在化せず、対応策や担当者も決まっていない課題を指す。ただし、将来発生するかもしれないすべてのリスクを記録に残そうとすると、膨大すぎて収拾がつかなくなる。顕在化する可能性が高く、発生したときのダメージが大きいものを除いては、無理して 議事録に記載する必要はないだろう。