大切な 吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘 陶芸

吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘, 吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘, 吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘, 早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗 , 早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗 , 早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗 , 早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗
【茶注7 手捻 火襷 玉獅子】間野弥平 共箱

上三代 清水六兵衛造 赤色絵『寿老戯画』大型鉢 飾り鉢 共箱
吉向 十三軒 伊羅保写茶碗横面に文字が刻まれています。(写真あり)底面横に亀甲型の『十三軒』(在銘写真あり)伊羅保茶碗の良さがしっかりと伝わる温かみのあるなんともいえない趣きのある素敵なお茶碗だと思います。手の中で静寂が生まれるような…。美品ですが、譲り受けたものなので、飾っていただけなのか、使用したことがあるかはわかりません。茶道の大きな三つの流派である「表千家」「裏千家」「武者小路千家」に対し、茶道具を代々にわたり製作する人たちを「職家」と呼び、さらにその中でも優れた職家を称して「千家十職」と呼ぶそうです。「十職」の名の通り、十の家柄から成るものですが、現在吉向十三軒は千家十職の職人以外でありながら例外的にその腕と技術を認められ、六代目より裏千家御出入方陶器師として出入りが許されている名陶工だそうです。共箱が見当たらないため、何代目の方の作品かはわかりません(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)。よくご覧いただき、できれば器がお好きで、お詳しい方に大切にしていただけたらと出品致します。きっと作者の方の素晴らしいお心と技術で大変な工程を重ねて作られたお品だと思います(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)。個人の自宅所有品なので、その点をご考慮ください。大切に梱包して発送致します。大切なものを少しずつ整理していこうと思います。【お願い】個人所有のものなので、ショップレベルのサービス、クオリティを求める方はご遠慮ください。よく写真をみていただいて、ご納得いただいた上でのご購入をお願い致します。不明な点は、コメントからご連絡くだされば、出来る限り誠意をもってお答え致します(^^)。伊羅保茶碗吉向焼十三軒茶道裏千家
カテゴリー:おもちゃ・ホビー・グッズ>>>美術品>>>陶芸
商品の状態:目立った傷や汚れなし
:ブラック系/ブラウン系/オレンジ系
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域:東京都
発送までの日数:1~2日で発送

吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘
ガラス平茶碗(耐熱) 夏の風物詩
吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘
古伊万里
吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘
乾山焼 向付長角皿 骨董品
早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗
陶芸作品「青龍白虎朱雀玄武風水四神セット」(整理番号:あ05)
早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗
送料無料 九谷名工 初代武腰泰山造 幻の酒器セット
早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗
人間国宝 金城次郎  (直筆箱書)  線彫魚紋茶碗 5客 (共箱)
早割クーポン! 御題時 吉向十三軒 八代 伊羅保掛分 吉向焼 共箱 茶碗

評価数:150万件
評価数:2億7千7百万件

大切な 吉向十三軒 伊羅保写茶碗 抹茶茶碗 在銘 陶芸

しょう州窯 呉須赤絵『若竹に虎文』大型飾り皿 丸皿 深皿 飾皿 No.351、No.414 ややや様 専用品です

会議終了時点で積み残した課題があれば、議事録に残して次回までの宿題としたい。積み残しの課題は、「アクション(やるべきこと)/イシュー(未解決事 項)/リスク(危険)」の3つに分類される。

アクションは、すでに問題が顕在化していて、対応策や担当者が決まっているものを指す。誰が何をやるのか明確 なので、議事録にも記録として残しやすいはずだ。

一方、議事録から漏れがちなのがイシューである。イシューは問題が発生しているものの、対応策や担当が明らかでない課題をいう。責任を持って対応する人が決まっていないため、議題に上っても流されてしまうことが多い。会議のたびに「そういえば、あれはどうなった?」と同じ話が繰り返されるのも、イシューがそのまま放置されているからだ。

イシューを放置すると、問題が深刻化・複雑化して、手がつけられなくなる恐れがある。何らかの形で イシューであるという 記録を残して、早めにアクションへと落とし込むべきだ。

リスクは、問題が発生する可能性はあるものの、いまだ顕在化せず、対応策や担当者も決まっていない課題を指す。ただし、将来発生するかもしれないすべてのリスクを記録に残そうとすると、膨大すぎて収拾がつかなくなる。顕在化する可能性が高く、発生したときのダメージが大きいものを除いては、無理して 議事録に記載する必要はないだろう。